読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

day * day

日々是々

ベンチマークはかってみた

デジタル 細かいことが気になる

使ったのはAntutuてベンチマークソフト。

もともとスマホ用のベンチソフトで、iOS/Android/Windowsって各機種揃ってるので便利なのだ。
AnTuTu Benchmark - Know Your Android Better
Windows版はアプリストアから入手のこと。

Jumper EZPad 5SE(ATOM X5-Z8300タブ)、改め、ヤミ太郎(と命名した)。
f:id:faomao:20170211162958j:plain
WEBでざらっとみたところ、Z8300機で7万行かないのは寂しいが、3Dはないも同然(所詮Intelの内蔵チップだし)、CPUで27000台は妥当な数字だよー。

スペックシート。
f:id:faomao:20170211161407p:plain

.
.
.
ちなみにデジ之助だと28万超える。インチップでない、独立したGPU積んでるし?
(GPU無効にしてインチップだと24万くらい)
f:id:faomao:20170211162924j:plain
ノートとはいえi7機でCPU10万超、総合で20万超えてないと泣ける。

デジ之助のスペック。
f:id:faomao:20170211161508j:plain

Antutuのランキング見ると、iPhone7Plusで18万とかいうんですが……マジにー? iPhone6で8万とかなのに?

素のベンチにコダワル理由は。
チューリングの定理によるなら、全てのチューリングマシン(要はパソコンやスマホなんかの汎用機)は相互に互換性があるので、極論、全ての性能は速度に集約されてしまうのだ。
Z80や4004だろうが、i7やXeonやAMD FXだろうが、メモリが充分に潤沢で速度さえ気にしないなら、同じことができるわけ。*1

*1:ざっくり言い過ぎ。