day * day

日々是々

金神129「五翼放射状平屋舎房」 ゴールデンカムイ

今回は本誌の表紙にグラビアに扉、って3枚もカラーがついてオトク。

でもこれ、扉以外は単行本に収録されないよな……
イラスト集でも出すのかなー今までのカラー扉含めて。

本誌の表紙を飾るのは、2016年28号のMAN WITH A MISSIONコラボ以来だから1年ちょいぶり。
カラー扉も2017年16号ぶり。

表紙、事前に公式サイトで発表されたときから話題騒然。
なんだこの野郎玉。*1
カラー表紙といってスカした立ちポーズとかでなくて、こういう野郎ばかりの濃ゆい絵になるのが、ゴールデンカムイという漫画。
どういう風に人物が配置されてるのかわかりにくいけど、単にデザイン的に構成されてるんじゃなくて、一応、立体物として絡み合ってるんだよな……
まず牛山が尾形をリフティングしてて、その上に杉元が乗って左腕に尾形がしがみついてる。尾形、肌、白っ(公式サイトの画像だとコントラストのせいかもっと白く見える)。彼の外套がハッキリ国防色になってるのも意外。8巻の表紙だと白っぽかった。ウエメセは彼の十八番だし、それにこのポーズいかにも猫だ。*2
杉元は白石を小脇に抱え込んでて、キロランケが杉元に首に腕を回してる、キロの袖を白石が摘まんでるし、土方が杉元の肩を掴んでる。みんなやけにキメ顔だ。白石までこんな顔してるの珍しいw
土方のうしろにちょこっとアシリパさんが。
谷垣はよく見ると他の人たちに絡んでなくて、右端のゲートルは谷垣の足で、で、ここで谷垣が脱ぎだして、グラビアに、と。

んで谷垣のグラビアwww
だからこれ青年誌だってのに。
これ背景は釧路の海岸なんでしょうか。
わざわざ海岸まで撮りに行ったのね……

表紙とグラビアが濃すぎて、扉の杉リパコンビがあっさりして見えるわっ
よく見たらこれ、カラー扉2頁分なのね。で、1枚をグラビアにw

本篇。

さっそく見つかって看守達を武力制圧する羽目に。
あれだけ綿密に計画してたのにあっさり破綻。
「心を1つに」なんてチタタプしてても、すぐに仲間割れ始めてるし。

杉元、最初は「門倉さん」て言ってるのに、次には呼び捨てに。
土方は門倉を庇っててなんだか胡散臭い。
この不穏な空気、前回の尾形の捨て台詞、まんまだ。
そこで言い当てるか。彼はやっぱり全体よく見てるよな。

ミッションインポッシブルを乗り越えてようやく対面したのっぺら坊。

顔の皮剥がれたばかりか舌まで切られている……*3
無惨な容貌に驚愕する3人。
アシリパさんのこんな顔、初めてだ。
ここまで変わり果てても、アシリパさんには別人だとわかるようだ。
……5年も会ってないんだよな。

そして、土方と門倉の不審な動き。*4
そも、のっぺら坊アシリパ父説言い出したの土方なんだよね。キロはそれを聞いてアシリパさんに伝えただけ。
のっぺら坊がアシリパ父でないとしたら、しかし土方はどこでアシリパさんの和名を知ったのか、て謎も。
いや、「土方がアシリパさんの和名を知ってた」てのはキロの話だけだ。その後、土方と杉元で話をすりあわせしてないのなら。
土方の意図も謎。
果たして尾形は誰に従ってるのか……?

都丹は、杉元が土方に似てるっつーけど、杉元はこういう権謀術数できるタイプじゃないんだよなあ。

*1:ダイバー用語でいうゴンズイ玉的な意味で。

*2:猫は嫌がるけどな。

*3:この下り、『ベルセルク』思い出した。

*4:土方が指先で壁を触って走ってく絵……なんだっけか、『エンゼルハート』のデニーロにこんなシーンあったような?