day * day

日々是々

金紙143「スチェンカ」感想 ゴールデンカムイ

(えー格闘技とかマッスルとかちっとも詳しくないので、今回は低体温)

格闘技マンガってより、格闘技番組マンガだ。

通訳兼ねてるから月島の台詞多いっ
ちゃんと、鯉登に対してだけは丁寧語になるんだよな。

月島「なんで「俺たち」なんだ?」
……デスヨネ。

谷垣、鯉登に追従しすぎ。
そりゃ階級からしたら鯉登はエラいんだが。
権威に弱いんだな、こいつ……
軍を抜けたつもりじゃなかったんかw
まるで鯉登の従卒みたいだ。

アオリに弱い一同。
青筋立てちゃってる。
鯉登も喧嘩っ早いけど、ここでも谷垣w

ゴールデンカムイのオヤクソク、男だけの裸祭。

なにげに、月島が脱ぐのって初めてじゃないですか。
彼も歴戦の強者だけあって、満身創痍だ。
実戦知らない(割に肉だけはエラい鍛え方してる)鯉登なんかキレーなもんですわ。
あ、鯉登も胸まで脱いでみせるの初めてか。

……月島、ハラキリみたいな傷痕が気になるんですが。
なにやらかしたんだ。
彼が鶴見に忠誠誓う原因だったりすると嬉しい。

皆さんさすがにイイお肉(はーと
キャラによって描き分けられてるのがイイ。
わざわざコマ分けて御披露目してる。

dis られて瞳が揺らいでる月島*1。感情が爆発する寸前、タメのフェイズだ。
やっぱりチビってコンプレックスのようだ。

日本人が小柄っつーても、彼等は軍人だ。
そこらのオッサンなんかかなうわけない。
対戦相手のロシアのパンピーと、筋肉からして違いすぎる(笑)
こう見えて、鯉登くんがいちばん、本式に格闘技やってそうな気がする……示現流だけでなくて。
如何にもトレーニングしてますって肉だよね。脇の下に見える広背筋がスゲェですよ。

なぜか、インタビュー……
誰よ!? インタビューアー。
なんでテレビになるのよ!?

戦うこと自体に拘泥する脳筋な杉元。まだ戦場から戻れてないらしい。よっぽどロシアに恨みが……あるのか。親友が戦死したんだし。
とにかく自信家で傲慢な鯉登。立ち姿勢からして、ボクシングでも本格的にやってるんですかね? 体重の軽さを筋力とスピードで補うタイプと見た。*2
意外と理論家な月島。打ち負かした相手にちゃんと手を差し伸べるナイスガイ。よく見ると彼、身体の前面は傷だらけなのに背中は無傷なんすね……「向い傷は男の勲章」(by 鶴見)て言うならば、月島は正に男の中の男だよう。
流されっぱなしの谷垣。……ねえちゃんと考えてる?

谷垣、あっさり顔に食らってる、けど体格のおかげで打たれ強いんすね。
精神的にも、流されやすいけどタフ、って、恰好のイジメられっ子じゃないですか。
(二瓶と組んでたり尾形に反撃してたりするころの谷垣ってもっとアグレッシブだったのに、なんか、腑抜けたな……女が出来たせいなのか?)*3

7ページも続く殴り愛。

17人目の「刺青の脱獄囚」。(たぶん
牛山と親交がある模様。
門倉さんってば……

またコイツが、目をキラッキラさせて、イイ笑顔しやがるwww
誰よ元ネタw
話す内容はヒドいんだけど、純真すぎて。

そういや杉元パーティは脱獄囚いないんだ。家永はまだ鶴見たちと一緒だ。
このパーティって陰日向のない明朗陽気な人達ばかりで、不安がないよな。
新年一回目に相応しい殴り愛だ。
去年の尾形みたいな真っ黒なヤツいないから(笑)

今週が合併号ってことは、また2週間空くんですね……

巻末コメント……
新年一回目から、キャンタマかよ!
神のお年の略かよ!

*1:そういや尾形も目が揺らぐ表現があったよな。→103話

*2:音之進くん、脳筋のくせに、所作がキッチリしてるし、純真だし、ひねたところないし、一人称「私」だし、いかにもお坊ちゃまぽくて、佳い……103話で父親の話題になったときに背筋伸して座り直してる姿が美しいのだよね。彼もまた祝福されて生まれてきて愛されることしか知らずに育ったのだなあと。

Twitterより

*3:こういう、男のダメなほうの可愛らしさを書くのが、野田先生はスゲェ巧いと思うのですが。