day * day

日々是々

金神180「亜港脱獄」 ゴールデンカムイ

今回までが18巻になるのかな。

なんだろう、樺太篇入ってから、アシリパさんの存在感がひたすら薄い……
他のキャラ達の物語が濃すぎて、アシリパさんにはなにもないせいだろか。
それまでは杉元とアシリパさんで、ボケとツッコミみたいな名コンビだったのに。互いに、和人のこととアイヌのことを教え合ったりって対等な関係だったのが、今は、アシリパさんがキロランケから教わる一方って非対称になったせいだろか。

ところで一行、寒くないんですかね……
特に尾形。夏場とあんまり服装変わらないんだけど。下着が増えたりしてるんだろか。
アレクサンドロフスク、年間平均気温、0.6℃だそうですよ……(→アレクサンドロフスク・サハリンスキー - Wikipedia
チェーホフも年間通して0℃前後とか書いてるし。*1
緯度でいうならパリとロンドンの間なんだけどね。

尾形「アイツ何かに追われて大陸から渡ってきたのかもな…」
「も」というのは、10数年前のキロランケ達のことを指してるのか、今の自分達を指してるのか?
尾形は、鶴見から、キロランケとウイルクの来し方を聞いてるのだろうか?
8巻の土方一味の座談会からすると、そのころは、尾形、キロランケ達のことをよく知らなかったようにも思える、けど、12巻分の本誌連載と単行本との違いからして、既にキロランケと組んでるようにも思えるし。

キロランケ「あの人に会えばきっとお前は何か思い出す」
このキロランケの確信ってなんだろうな。
アシリパさんとソフィアの間にどんなツナガリがあるのだか。

脱獄計画の決行……
ソフィアさんタフすぎるだろ……

杉元一行も追いついた!
そういや谷垣ひとり、帽子も被ってないのは、寒さに強いせい?

囚人達を待ち構える……後門の虎!
ナナイの木の像、やっぱり、虎だった。
馴鹿追ってきたのかな。

樺太ヤバイ。
なにこの野生の王国。

キロランケ――(ユルバルス)はどうするっ!?
*2

ってところで19巻に続くことになるのね……

最終ページの。

■ホントにホントに ホントにホントにタイガーだぁ!?
次号、近過ぎちゃってどうしよう!!?

……関東ローカルだよな、このCM。
きっちり串田アキラの声で脳内に再生されるwwww

そして、17巻のお報せが。

シライシの脱獄ロマンス篇、アニメ化されるのかー。
よかった、熊岸さんも登場するのねっ。
アイヌのコタンなくなったから、アニメで熊岸が生きてるのかどうかわからない……
27聯隊本部で杉元達が白石と交換しようと連れて行ったのは本物の熊岸なのかも知れないし(アニメの中では)

いずれ第三弾では日高の親姫をお願いしたく……

*1:

チェーホフ全集〈12〉シベリアの旅 サハリン島 (ちくま文庫)

チェーホフ全集〈12〉シベリアの旅 サハリン島 (ちくま文庫)

*2:Юлбарыс 、Google先生によると、「ユルバリーズ」っぽい発音になるのかな。