day * day

日々是々

金神276話「エビフライ」感想 ゴールデンカムイ

そういや、『ゴールデンカムイ』で恋バナ自体、珍しいな。

なんか、花枝子様、可愛く思えてきたぞ……
彼女もまた、主体的に彼氏を選ぶ、新しい時代の女かも知れぬ。*1

菊田「女は好きな男を塗り替えるもんだよ」
菊田「男は//惚れた女のことはずっと胸に仕舞って」

……の台詞は、あー、ネットジャーゴンでいう、「女の恋愛は上書き保存/男の恋愛は別名保存」のパロディかも。*2
――でもこれって、あくまで、男(菊田)の願望だよね。女には他の男のことは忘れて自分だけを想って欲しいけど、自分は複数の女をキープしておきたい、っていう。
菊田さんもいろいろ経験を積んで来てるっぽい……一見、自虐してるようだがダマされちゃいかん。彼が身勝手過ぎて女に愛想尽かされる、でも自分で反省しないで被害者ぶって次の女に移って、また繰り返すパターンだぜ、きっと……

菊田「ふたりがいる故郷はキッパリ捨ててやることだな」
って言われたのに、前々回のように、「全部忘れろ」って、一体、なにがあったんですかっ。
結局、この後、杉元は徴兵に取られたんだか志願したんだか、で、日露戦争の戦場で寅次と再会することになるのかな。
忘れようにも忘れられない。

金子花枝子「あんなクリクリのくせっ毛の田舎娘…」
え、春見ちよ(旧姓)ことイゴ草ちゃん!?
なんだーやっぱり生きてたんじゃんー

(これも前々から言ってるけどぉ)なんかさー、イゴ草ちゃん、後々、ひょっこり出てきそうな気がする…… 東京で上流階級の奥様になって、子供三人くらい連れて、ふくよかになっててさ……

金神231「出産」感想 ゴールデンカムイ - day * day

しかしこれで鶴見が正直な善人であるとは限らなくて、たまたま、かも知れないしね? 鶴見は本質的には目的のために手段を選ばないマキャベリストだけど、しかし彼の目的、大義は、もうちょっと信じてもいい気がする。

勇作さん! 
え、結局、彼の目は描かれないのwww 杉元、菊田さんに言われたとおり忘れてるのっ
辛うじて下睫毛だけ……勇作さんの通称はもう、「下睫毛の君」にしておくよ――「エレガントゴリラ」も一案だけど。
このとき、勇作さん、18-9才のはずなんだけどね。
杉元の目線からして、勇作さんのほうが長身なのだなあ。180くらいあるんだろか。*3

なんかもー勇作さんの台詞はアナクロすぎて。
他のキャラたちが、舞台は明治時代でも、現代人として書かれてるから、勇作さんの旧態ぶりが際立っちゃう。
謎の士官候補生に呼び出されて警戒してるのかも知れないけど。

自由に生きろっていう杉元の父。
まったく野放しな尾形の父。
に対して、自由の存在すら教えない、アシリパさんの父、勇作さんの父。

尾形と同様に、杉元もまた、勇作さんとアシリパさんに通じるものを気付いたかも知れない。
尾形や杉元からすると、勇作さんやアシリパさんが父親に偶像として仕立てられることは、理不尽で、憐れにすら感じられるのかもね?

父の愛故に命を危険に晒される勇作さん。
勇作さんはあまりに純粋すぎて、水清くて魚棲まず、みたいな、なにか大事なものの欠如を思わせる。澄みすぎた瞳に魂は宿らない。
父に捨てられた尾形のほうが、「自分はなにかが欠けている」と自問するだけ、なにかを持ってるし、それは勇作さんに決定的に欠けている何か。

勇作さんが、偶像である故に意味を見いだしてたのは鶴見も同じだ。
花枝子様はちゃんと勇作さん――実際は杉元のニセ勇作さんだけど――本人の人柄と容姿に価値を見てる。

勇作「それは日清戦争で病死した弟さんの帽子だよ」
ああ案の定。

菊田さんの弟とか、また、キャッチーな。 日清戦争のときにでも戦病死したんですかね。コレラだのマラリアだの脚気だのと流行っていたので。

金神275話「東京愛物語」感想 ゴールデンカムイ - day * day

そして、まったく思いがけなく杉元が遭遇する、鶴見と部下たち。
まだこの時は互いのことを知らない。
6年後に会うとき、鶴見も杉元も顔に大怪我負ってて容貌一変してるしね。*4
鶴見たち、東京でなにしてるんだろ……
尾形や宇佐美の肩章からして、もう第七師団に在籍してる。(尾形は十代だよね……こう見えても)
札幌*5から東京まで、列車で丸一日以上かかるから、よほど重要なミッションがあるんだろうなー

*1:私事。私の曽祖父はだいたい月島と同じ世代だけど、家庭教師してた堂上系の娘さんと恋愛結婚だったそうで、当時としては珍しいほうかも知れない。

*2:しかし今回の杉元は、「共有フォルダに保存」のケースかも知れない。

*3:そういや。映画「スパイの妻」で、東出昌大憲兵将校演じてるんだけど、彼、身長189cmとかだよね……いくら将校でもデカすぎる……きっと彼も新任の少尉のときには聯隊旗手務めたことだろう……

*4:それ以前に杉元は乱視なんじゃないかって疑惑。射撃も絵も下手だし。

*5:27聯隊、1901年当時は札幌にあった。