day * day

日々是々

金神286話「タイムリミット」感想 ゴールデンカムイ

え、門倉、マジで修正パッチなの?w

24人の脱獄囚の中に実は無効のブラフがあるのか、のっぺら坊、脱獄事件の後で自分のミスに気付いて慌てて門倉を修正パッチとしてリリースしたのか……

金神26巻の感想。 ゴールデンカムイ - day * day

280話で「有っても無くてもいい!!」って言われてたのは、あくまで、五稜郭の形を示す直線パターンに掛ってないから、ってことか。

脱獄事件の後に、わざわざ、(23.5人目か24.5人目かは分からないけど)門倉のパターンを描いてる。

時系列で並べると、ウイルクは。
1.ロシア領事館で土地の権利書を見つける。
2.五稜郭に権利書を隠す。
3.鶴見の策略でアイヌ7人が死ぬ。ウイルク、「長谷川さん」に再会する。
4.ウイルク、のっぺら坊として網走刑務所に入る。
5.23?24?人の刺青を彫る。
6.脱獄事件。
7.門倉の刺青を彫る。

杉元「ウイルクはどうしてここに権利書を隠したんだ? 持って帰ればよかったのに」(第284話)
の謎。
権利書を隠すとき、一番警戒してたのはキロランケや、日本政府のはず。
「長谷川さん」と再会したとき、金塊を追ってアイヌたちを殺し合わせた張本人が、「長谷川さん」だと気付いたろうか?

囚人たちに刺青を彫った時点で、もう、隠し場所は動かせない。
もしかすると、囚人たちの刺青を彫った段階では、ウイルクは不完全な情報にしたのかも知れない。
脱獄作戦の顛末は門倉に聞けるので、囚人たちの行動を見極めてから、情報を完全にするために、門倉の分を彫った、のかな?
アシリパさんを巻き込むことは想定してる。
土方と門倉は信頼していたことになる。
杉元の存在は全く想定してない、鶴見=長谷川さんや、キロランケの行動は警戒してたはず。

最低限、何枚かの刺青と、アシリパさんだけが知ってるキーワードが必要で。
囚人たちの刺青+アシリパさんで、五稜郭を示せる。
+土方で、土地の権利書の隠し場所。
更に、+門倉で、こんどはどんな情報が?
これが、残りの金塊の在り方っていうんじゃ、なんか、つまらないな。

アシリパ「みんなの役に立ちたいし」
キーワードを明かしたことで、アシリパさんはもう用済みなんだよね。少なくとも彼女はそう思ってる。
土地の権利書は無記名で、アイヌ全般だから、アイヌなら誰でもいい。
黄金争奪戦において彼女の役割は終わってしまったので、後はどこへ行ってなにしてもいい。
「役に立ちたい」と言っても、鶴見らの日本軍の一団と、ソフィアらロシアのパルチザンたち+土方のグループの全面抗争になったら、彼女になにが出来るのか?
杉元ですら、彼には取敢えずカネが必要なので、アシリパさんからすれば彼を手伝えることはないし。

だけどそれだと面白くないよねー。
ここからまた、彼女の存在が重要になってくるはず。

土方「強運の男が」
門倉さん、ナニゲにものすごい強運なんだよね。
網走監獄の関係者で唯一生き残ってるし。
負×負=正になるみたいな。

でも、鶴見隊が襲撃した網走監獄で唯一生き残ったっていうのはスゴい強運なんでは。

金神18巻の感想 上 ゴールデンカムイ - day * day

そしていつの間にか、こっそり函館の町に紛れ込んでる尾形。
そういや彼が被ってるの、もしかしてカーテンかなんか……?