day * day

日々是々

金神257話「がっかりした顔」感想 ゴールデンカムイ

またひとり。

前回までのバトルの熱量が圧倒的だったので、今回は、だいぶ、クールダウン。

上エ地、意外とあっさり死んだー。
あんまり引きずるほどの人物でもなかったか……
あれ、「犬」の字、網走の中ではなかったのに。*1
良い家のわりに歯並びが悪いのは、きちんと子供の面倒を見てなかったのか。
子供・父への憎しみ・犬・埋めること。
彼は抑圧的な父親に自分が埋められてると感じてた?
犬が殺されて、庭のどこかに埋められてると思ったので、子供らを殺して庭に埋めるクセがついた、と。
何故に子供ばかりを狙ったのか? 単に肉体に自信がないので安易な獲物として子供をターゲットにした?
(「ゴールデンカムイ」では性暴力的な殺人は出てこないから……)
彼が花火にそれほど執着した理由もよくわからない。

犬が父に殺された、っていうのはあくまで彼の思い込みで、真相は不明のまま。
とにかく、彼は、父が犬を殺して埋める人物だと思ってたってことだし、その復讐のために自傷的に墨入れるとか。
他人を傷つけるために自分をまず傷つけるって、厄介なヤツ。
皆をがっかりさせようとした彼が、いちばんガッカリして死んでくのも、哀れ。
彼は神に近づこうとした。
父権的、抑圧的な父親を下すために。
とすると、花火は彼の上昇の意志の象徴みたいだし、煙突に登るとともに昂揚した気分が、いっきに失望に転じて本人も落下する、て、寓意的だ。

彼は、「一敗地に塗れようともまだ全てが失われたわけではない」などとは言わないね。*2

鶴見「24枚すべて集めなくとも暗号は解ける」
ほらーやっぱりー
何度もこのブログで繰り返してるけど!
*3

24人全員の刺青を無事に集められる保証はないので何人かは欠けても大丈夫なように作るんじゃないかな。

金神102「稲妻強盗と蝮のお銀」 ゴールデンカムイ - day * day

(24人全員が無事とは限らないから、ある程度の冗長性持たせて、何人かは欠けても復号できるように組まれてると思うけども)

金神116話「青い目」感想 #ゴールデンカムイ - day * day

冗長性も持たせて符号化されてる……んじゃないかな。24人分がそのまま無傷で揃うとは限らないし。

金神12巻の感想 ゴールデンカムイ - day * day

鶴見「一枚でも欠けたら」……いや、それも充分に予測して、冗長性たっぷり持たせてるはずだと思うけど。 夕張とか、後藤とか、危なかった……岩息だって樺太行っちゃったし。

金神21巻の感想 ゴールデンカムイ - day * day

しかし、正直、24枚全てが必要なのかどうか疑わしい。 24人全員集められる見込みがどれほどあったのか。<中略> だから、そういう損失を見越して、何枚かは失われても復号できるように、暗号に冗長性持たせるはず、なんだよな……*2

金神235「地獄の郵便配達人」感想 ゴールデンカムイ - day * day

だから絶対、ウイルクが暗号を造ったときに、冗長性持たせてるはずなんだって。 いまのとこ、鶴見が14枚で最多だけど、まだ解けないらしい。 18~20枚は必要なのかな? それに、アシリパさんだけが知るキーワード。

金神238話「好きな人に」 ゴールデンカムイ - day * day

とはいえ。
土方「最低何枚で暗号が解けるのかわからない」
冗長性の具体的な量は不明だしねー
後藤や辺見、二瓶、「夕張」、姉畑あたりは失われる寸前だった。
岩息も、樺太渡ってたこと誰も気付いてなかった。
取敢えず、上エ地の一枚は欠けても大丈夫っぽい。
それ以外、永遠に失われたことが確定したものがないってのは、奇跡かもよ?
のっぺら坊が想定した以上に、みんな、真面目だ。ちゃんと刺青人皮のコレクションと保存してるなんて。
網走の囚人=もともとハイリスクな生き方してる連中だから、倍くらい、つまり半分は失っても大丈夫なように設計されてるかもね?
さすがに3倍ってことはないだろうけどさ?

皆がいっせいにソッポ向くコマの連続は、なんだか安っぽい表現に思えて興醒めだ……
あ、ちゃんと尾形が描かれてるのは嬉しい……こういうときは大抵忘れられるから。

杉元「みんなとっくに気がついてた」
親分と、238話時点の房太郎はまだ気付いてなかった様子。

最後の24人目は門倉だった。
て、あれ、脱獄事件の後に、門倉の刺青は彫ったんだよね?
土方主導の脱獄事件で逃げたのは土方入れて24人、じゃあ門倉含めて25人、刺青の男はいるわけ?
刺青の暗号に冗長性があるなら、まあ、24人でも25人でも復号に問題はないんだけどさ。
しかも中途半端だから、24.5だな。

24人の脱獄囚の中に実は無効のブラフがあるのか、のっぺら坊、脱獄事件の後で自分のミスに気付いて慌てて門倉に追加情報載せたのか……
もしかして、のっぺら坊が想定してたはずの和人の協力者、ホントに、門倉なんだろか?

で、宇佐美、門倉の背中になにを見たの…… もしかして24人目!? 門倉がっ? のっぺら坊が想定してたはずのアシリパさんの和人の協力者が、門倉だったりしたら、なんか、イヤ……*4 あれ、18巻で門倉、ヌード披露してなかったっけ、って思ったら、背中はお尻のあたりだけだった。*5

金神254話「窮鼠」感想 ゴールデンカムイ - day * day

監獄にしろ土方一味にしろ、風呂はどうせ共同浴場のはずだから、看守仲間や、土方一味の人達は、門倉の刺青を知ってるはず。
少なくとも土方は知ってるだろ。
土方にすら隠してるなら、門倉、自分の背中も模様もロクに知らないかも知れない。(鏡で見ることはできるけど)

なにげに、P5の鶴見はまだ宇佐美の死体を抱いてるし、P7では二人の部下達がおそらく宇佐美の死体の搬送作業始めてるようす。(前回、宇佐美の臨死の幻覚だったらどうしようって懸念が微かに……)
まだ宇佐美は作品中に存在してる! 死んだら即退場ではなく、過去の人として思い出されるわけでもなく、まだ彼の肉体はそこにある。
言及はされなくても。

*1:
f:id:faomao:20201022112922j:plain

*2:ミルトン「失楽園」のサタンの台詞だけど、これって尾形に相応しいように感じる。

*3:「24個のキー」って、なんだか、BitCoinパスフレーズ思わせる。いわゆる「ふっかつのじゅもん」。
BitCoinだと24個全部揃わないと復号できないけど、これは一緒に保管するものだし……念為1個は別に保管しとけ、ってもいうけど。